思い出のゲーム:影の伝説

スポンサーリンク
御城プロジェクト~CASTLEDEFENCE~

久々に登場しましたこの企画。
今回は……

影の伝説!

影の伝説は、元々はアーケードゲームです。
残念ながらアーケード版をプレイしたことはありませんが……

ザ、レジェンドオブカゲ。
正統派?アクションゲームです。

主人公は忍者の「影」。この名前が本名なのか通称なのかはわかりません。忍者ですし里の名前なのかもしれません。影の衆、ってやつかも。

ヒロインは毎回さらわれてしまう可哀想なお姫様、霧姫。

Aボタンで刀、Bボタンで手裏剣。
左右の移動と上要素方向でジャンプ。ジャンプの飛距離はある程度調整が可能です。

右端にちょろっとだけ見えているのが雑魚敵です。
ステージ構成は章ごとに森→堀→城壁→城内→ボスとなっていますが、敵の殆どは青忍と赤忍です。
忍者が投げてくる手裏剣は刀で防御することができますが、赤忍が投げてくる煙玉は防御できません。

ステージ1の森をクリアするために倒さなければならない妖坊が吐いてくる炎も流石に防げません。
下キーでしゃがむことができますが、あまり意味はありません。

画面をスクロールさせずに忍者を一定数倒すと、画面上方に赤い「術丸」もしくは灰色の「点丸」が出現。点丸は文字通り点数が増えるだけですが、術丸を取ると一定時間忍術が使えるように。

無敵になる分身の術や、8方向に手裏剣を投げる阿修羅の術のどちらかが使用可能に。(どちらも一定時間で効果消滅)
敵を撃破しつつ進めていると巻物が出現し、それを取ることで「雅の術」が発動。画面内に飛び込んできた忍者が次々と倒れていきますが、術の終了直前に投げ込まれた手裏剣や煙玉によって、術が切れた直後に死亡というのも影の伝説あるあるかもしれません。

その他のパワーアップアイテムとしては、水晶玉があります。
取得することで影の服の色が(初期状態は)(黄緑?)→(オレンジ?)と変わり、緑状態では手裏剣がパワーアップ。敵を貫通するようになります。
妖坊も倒しやすいです。
黄色になることで移動速度がアップします。敵や攻撃に飛び込んでしまいがちになるかも……

また、パワーアップ状態だと敵の攻撃を1度だけ防いでくれます。(黄色状態でも赤に戻ります)
ですが、妖坊の炎は一撃死だったような。

さて、ステージ2の堀。このステージは敵を10体倒せばクリアとなりますが、レバーを下に入れて刀で攻撃すると水遁の術ができます。その状態で敵を7体倒すと画面上方に青色の「増丸」が。取ると1upなのでここで残機を増やしましょう。

ステージ3の城壁。石垣に何故か段があって、登っていくことができます。一定画面分登るとクリア。
ここでは黒忍者が登場し、こいつを倒すと巻物が登場。例によって雅の術を使用できますが、これまた例によって術終了時には死ぬ危険があります。

そして最終ステージ。城内を最上階まで行くと柱に縛られた霧姫が。刀で縄を切ると助け出し、逃避行がスタート。
しますがまたすぐに霧姫はさらわれます。しっかりしようよ影。

それらの演出が終了するとボス戦です。最初の章である青葉の章のボスは双玄坊(?字は流石に忘れた)灰色の妖坊が2体登場します。
このゲームのボス戦は、最初に画面上方を飛んでいる蝶を倒す必要があり、そうしないとボスにダメージを与えることができません。

紅葉の章の霧雪乃助(字は適当です、すいません。)、雪の章の雪草妖四郎(字は適当ですが合っているかも)も、基本的には同じように蝶を落とす必要があります。
どのボスも、手裏剣が強化されていれば戦いやすいです。

そして雪の章までを2周クリアすると、十二単姿の霧姫を見ることができます。

最後に裏技?を。
2人用は、交互プレイということになるわけなのですが、2Pが最初からスタートする場合、1Pがやられた時にAボタンだかBボタンを押しっぱなしにしていると、スタート時のBGMが流れず、影が死んだ時のSEが。
そのまま姫がさらわれて樹上から降りてきた影がそのままバタリと倒れて1機消滅します。SEの後は無音で姫がさらわれ、降りてきた影がそのまま倒れるのはなかなかシュール。

……さて、久しぶりのテーマとなりましたがたまにはこの企画もやっていこう。
ではでは。

このゲームの発展系とも言える「不動明王伝」についても、過去に書いていますのでよろしければそちらもどうぞ。

こちらをクリックして頂けると嬉しいです~

クリックでパワーアップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA