御城プロジェクト:今週の攻略「永き夜、開けた頃に」後編

スポンサーリンク
御城プロジェクト~CASTLEDEFENCE~

イベント後編がスタートしています。
と、いうわけで「永き夜、開けた頃に」の絶弐までやってきました。

今回も引き続き平城マップとなっています。
例によって普通でお試ししていきましょう。

うーん、なかなか大変だったけれども、なんだかんだで初見クリアしてしまった。
蔵は殿の傍にしかないので、殿前で守るというのでもいいのかなと感じました。

そうは問屋が卸さない。
予想はしていましたが難しいだとエーリューズニルの位置に配置していた城娘の負担が半端なく、気が余り無い状態から敵が出てくるため、ここをどうするかというのに悩みました。

上にシャンボール城を配置していますが、正直あのラインに敵を行かせてしまったら駄目な感じがします。
ですので考え直してヒットマンを雇いました。

というわけで編成はこちら

そして配置はそのようになりました。

ポイントとしては

  • 足止めできない間諜兜には鈍足を
  • 上の通路に敵を行かせない
  • ライオンには(場所によっては)デコイもよい

といったところです。


スタートすると早速間諜兜の相手をすることになります。
まずは右側の6人。平安京、大坂城、駿府城、【正月】宇都宮城、名古屋城を配置します。
最初に巨大化するのは札の二人を一回ずつ。気トークンは画像の位置でいいと思います。(2波目は上のマスの方がいいかも)

次に大坂城と駿府城を巨大化していきたい所ですが、赤い槌兜が登場してくると、上の通路へ移動するため太宰府とコンシェルジュリーを配置したい。
そしてコンシェルジュリーの負担はかなり大きく巨大化回復が必須です。負担を軽くするためにも大坂城の回復がコンシェルジュリーに届くようにしてあげたいところです。

飛行兜などもどんどん来ますので、次は駿府城を最大化しましょう。
太宰府も巨大化したいところですが、とりあえずは一度か二度に抑えて平安京を最大化した方がいいかもしれません。

2波目になると攻撃も激しくなります。ライオンは上から一旦画面替えに消えて右下から出てきます。
錦城や宇都宮城が巨大化されていれば、右下の丁字路にデコイを配置して攻撃させ、その間にダメージを稼ぐというのもいいでしょう。(駿府城の攻撃も届くと思うので)

間諜兜と金色騎馬が同時に来る場面がかなり嫌らしいです。コンシェルジュリーや名古屋城の計略でのフォローも有効です。
後半は大鷹、金ぴか杭打ち兜や飛行兜も登場してカオスな状態に。太宰府を最大化させて計略を使用できれば防御無視攻撃が一斉にできるので有効です。

指月伏見城が登場したら一斉攻撃して潰してしまわないと、デバフ効果が強烈なため押し込まれる要因になります。
攻撃が他に吸われても大丈夫なように太宰府の計略を使用する、(防御力は元々低いと思いますが)錦城の計略で豆腐にして平安京がつついて倒す、みたいな感じにした方がいいでしょう。
敦賀城も登場します。ルートとしては画像の間諜兜が通っているルートを取ります。こちらが攻撃できるようになるまで少し掛かりますが、錦城は元々防御力が低いため【防御を無視する】みたいな特技?はあまり意味が無かったような。

最後もかなりの物量が殺到してきますが今回は各人の計略をフル稼働して凌ぎきることができました。
普通はそこまで苦労しなかっただけに、難しいとの落差が凄かったなあ……

兎にも角にも引っかかりすぎずにクリアできて何より。
(以前動画を参考に戦功を取ってしまっているためか)結局武神には手をつけていないです。
期間中に休みはあるけどどうしようかなあ。ではでは。

こちらをクリックして頂けると嬉しいです~

クリックでパワーアップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA