御城プロジェクト:今週の攻略「真・武神降臨!前田利家」(超難地域戦功編)

スポンサーリンク
御城プロジェクト~CASTLEDEFENCE~

前回のチャレンジで殿無傷戦功を突破してクリアをしています。

ですので今回はその他の戦功「北陸、東海の城娘を2人以上編成」もしくは「山城の城娘のみ」のどちらかをクリアできれば……というところなのですが。
というわけで山城メンバーを覗いてみます。が。

全く育成していませんでした。
新規メンバーも居るのですがレベルを特に上げては居らずという状態。
まあ、月次任務を全てこなそうかと決めたのもここ最近の話で、コマネなど育成リソースはある程度貯まってはいますが使用していない。という状態ですね。

とりあえずそのまま……では流石に無理なので、残りのうちまだできそうな方、つまり「北陸、東海メンバー編入」の方で頑張ってみよう。
浜松城が居るので、使うなら一人はOK。ではもう1人は……?

色々と試した結果今回は鉄砲枠(今までは備中松山城だったところ)で岐阜城を投入してみました。
実は今回の招城で金華山城が出ていたのですが、とりあえず今回はレベル1のまま見守って貰いましょう。
レア6の城娘はやはり改築の敷居が高いですね。

新規メンバーで誰か居ないのか、と思いましたが虎臥城を使ってみることに。改築はしていないのですが。
というわけでプレイを重ねてみましたがどうしても最後の赤毛虫(+赤母衣)がきつい。
打開策としてレベルを上げてみました。

編成はこちら

配置はこのようになりました。

1波とラストで配置換えはあります。
というわけでメモを兼ねたスタート。
まずは岐阜城を右下の毛虫そばに配置。岡豊城、城塞都市アンベール、大坂城、平安京、浜松城を配置します。
2度ほど巨大化すれば岡豊城の攻撃も毛虫に届きます。結果的にそのまま最大化します。
浜松城の計略は平安京→大坂城→虎臥城、もしくは城塞都市アンベールの順です。大坂城には巨大化気軽減のために使用します。
中央のルートのうち上側のルートをトッパイ型が移動してきたら虎臥城も配置してしまっていいと思います。

次は鬼に対処するべく大坂城を巨大化していきます。岐阜城は再配置可能になったら浜松城の右のお立ち台に再配置します。平安京の特技効果で巨大化せずともある程度は攻撃が(待機中の鬼に)届きそうです。
城塞都市アンベールは、初期配置の相撲兜削り役ですが、3体共範囲に入るように巨大化をしておきます。
次は大坂城を最大化していきましょう。

そして次の最大化は虎臥城にするのもいいでしょう。特技を発動しつつ城塞都市アンベールの計略で足止めができる様になるためです。
ですが負担はかなり多くなってしまうのでそれなりのレベルが必須です。

3波目になったらすぐに大坂城の真上くらいのマスに大坂城の計略トークンを配置。この後に来る大熊に備えます。
城塞都市アンベールですが、5波目に最大化したいのでそれまでは浜松城の計略で特技発動状態にしておきましょう。
大熊が来るまでに虎臥城の最大化は難しかった気がするので、巨大化回復で凌ぎます。アンベール計略は使用せず、スルーさせた方が良いかと思います。

最初の母衣兜や金色騎馬を受け止めるためにとりあえずマルクスブルク城を配置しておきます。
敵が来てしまった場合でもなるべく巨大化はせずに計略で凌ぎたいところです。

4波目はやや休憩し、勝負の5波目へ。

マルクスブルク城での前田利家隔離は確実にこなし、その間に全ての雑魚を撃破してしまいます。
しんどいのはやはり赤母衣兜と赤毛虫の複合部隊。どこまで赤母衣兜を素早く撃破出来るかということになるでしょう。
そして相撲兜ですが、こちらは虎臥城では受けずに撤退を選択しました。
雑魚の撃破が終わったら遠距離城娘を撤退させて再配置。前田利家を集中攻撃して撃破……を狙いますが。
今回はマルクスブルク城が結構やばかったです。計略を切らさずに戦うのは勿論でしたが……

アンベールが利家の攻撃範囲外から攻撃出来るのかわからなかったので自重したのですが、できていればもっと楽だっただろうと思います。
それはともかく今回はなんとか地域戦功を取ることができました。
問題は地形戦功ですが、とりあえず次の週までぼちぼちとこなしてみて、突破口が見つかりそうならチャレンジしてみようかと思います。

歌舞がしんどそうなんですが、近江八幡城をとりあえず90代まで上げて……どうしようもなかったら千早城を入手、という選択肢もあるのですがなかなか悩ましいところです。
とりあえず今回はここまで。ではでは。

こちらをクリックして頂けると嬉しいです~

クリックでパワーアップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA