ゲームする:Iconoclasts

スポンサーリンク
御城プロジェクト~CASTLEDEFENCE~

どうもどうも。

最初は読むのを放棄していたのですが、「アイコノクラスツ」と読むみたいですね。
以前のセールで購入して結構な期間放置していたのですがしばらく前に「ちょっとくらい積みゲーをやろう」と思い立ちまして進めております。

最近はモンスターハンターもバウンティをこなすだけのマシンと化しておりまして、停滞感が凄いしなあ。

さてこのゲーム、一人のクリエイターが数年(7年?)をかけて作り上げたというゲームのようです。わたしには真似できないな。
我々の世界とも似てはいる物のやはり違う世界のSFとなっていて、ジャンルとしては自身のアクションや所持したアイテム、ギミックを利用してステージを踏破していく2Dアクションゲームとなっています。
探索要素もあるとはいえますが、基本的にはボスを撃破して話を追いかけていくステージクリア型に近いです。ただし以前のステージに戻ることもできるため、増えたアクションを駆使してアイテムを取れたりということもありそうですね。

またアクションゲームかよ、という感じにはなっておりますがまたアクションゲームです。
最近はドラクエみたいなわりとオーソドックスなRPGとかが負担がないのかな、ならやりたいな、等とも思っているのですがまたアクションゲームとなっています。

元々が日本のゲームではないためローカライズされている文章を読んでいますが、話はわかりづらい部分がありますね。
操作していて変に滑るとかそういったことはなく、動かしやすいです。

こんな感じの画面で、主人公であるロビンのアクションとしては攻撃、ジャンプ、レンチを振る、といったアクションができます。
レンチを振るってなんだと思われるかもしれませんが、他に形容のしようが無いのでそのままです。
レンチを使用して攻撃をしたり、ボルトを回したり、敵弾をはじき返したり、ボルトを回したり、ボルトに捕まって更にジャンプしたり、ボルトを回したり、レンチを回して電気を溜めたり、ボルトを回したりできます。

道中のみでなくボス戦にもギミックがあり、時には仲間と交代してギミックを使用したりする事もあります。
基本的には攻略を見ずに進めておりますが、一度詰まってしまってちょっとだけ攻略記事を見たところ、まだ半分くらいなのかなあ。
ちなみにそこでタイトル名を知りました。

中断はセーブポイント制(ボス戦のリトライはあり)で、セーブポイントではセーブのみでなく画像のようにスキルの付け替えも可能。
スキルと言っても素材を使用してスキルを作成する必要があり、レベルなどの概念も当然ながらないため作成して、装備して初めて使用できるという形になりますが、スキル作成はセーブポイントでは行えないためそこだけは面倒に感じる場面もありますね。

今の所記事を見るきっかけになったところ以外では引っかからずに来られているので、順調にいければいいなあという感じです。取りこぼしは多いんでしょうけどね。

次に何かゲームを買うとしても、これをクリアしてからにしようかなと思います。
ではでは。

こちらをクリックして頂けると嬉しいです~

クリックでパワーアップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA