ゲームする:ドラゴンクエストヒーローズ その4

スポンサーリンク
御城プロジェクト~CASTLEDEFENCE~

ストーリーについては今回で終わろうかと思います。

海底神殿のあと、始原の里へ。
ここはボス戦がだるかった。霊木とやらを守りながらまおうの使いとキラーマジンガを相手にしつつ、一定時間で回復する砲台を潰しながらのバトル。基本的にまおうの使いは最初からこちらを狙ってきて、キラーマジンガは砲台のある高台からこちらを射撃してきます。砲台を放置していると霊木の耐久がガンガン削られるため

砲台を沈黙させる→その間にボスと戦闘→復活したらまた沈黙させる

……という流れなのですが、まおうの使いと距離を取り過ぎると霊木に向かって行ってしまってそれはそれでガンガン削られるため引きつけつつ戦うことになります。
これが凄く面倒臭かった。

こういう時にせめてパーティーを2/2とかに分けられたらもっとスムーズなんだけどなあ。1/3でもいいから。
まおうの使いを倒すとキラーマジンガが発狂して下に降りてきます。こちらも当然引きつけつつ戦わないと霊木に行ってしまって破壊されてしまいます。

頑張れクリフト。
このゲームではバトル中に死亡したキャラを生き返らせるには世界樹の葉が必要になります。クリフトは「一定確率で世界樹の葉が減らない」というスキルが一応あるため、過信はできませんがちょっとありがたいですね。

霊木から貰った雫で世界樹を復活させた後は、次元島という竜王の城的な位置にある火山島に行って黒幕とバトル。

黒幕を倒すと島ごとこちらを倒す的な罠で一部タイムアタックがあったりとか。難しくはなかったです。
脱出時のボス(ここはタイムアタックではない)は……

キングヒドラ。ここも今までに無い形式のバトルで、簡単に言うと一定間隔で降ってくるばくだんいわをキングヒドラに対してボーリングするというバトル。
火力が高ければ普通に攻撃して倒すこともできると思いますが普通に進めていたらこのギミックを利用した方がよさそうですね。

崩れる島から助け出してくれたのは……

喋る鳥さん。ドラクエⅧの移動手段なのかな?プレイしていないですがそんな感じなのかと。
そしてここから最終局面になるのですが……

この段階になるとダウンロードコンテンツで配信された各キャラクターのエピソードがプレイできるようになります。
各キャラクターのエピソード、というだけあって該当キャラクターをパーティーに入れていないと出撃することができません。(例:ビアンカ&フローラ編では2人ともパーティーに入れておく必要あり)
後で付け足されたものなので仕方が無いのだろうとは思いますが、クリアする毎にいちいちクエストを受けて達成報告をして……というのが面倒臭かったですね。
これも別の記事にまとめてもいいかもしれない。まあ大したことはかけないのでざっくりとしたものになりますけども。

このゲーム独自の回復手段であるホイミストーン。
ベホマの項が追加されましたが値段がやばすぎる。いままで武器を更新するのに今持っている装備を売ってから更新していたほど金の貯まらないゲームなのにこれはすごい。
まあかなりレベルが上がらない限りベホイムで行けると思いますが。

と、いうわけでエルサーゼの城、街でのバトルをこなしてラスボス戦。
結果的に言えば初見でクリアできました。
フローラとクリフトがそれぞれバイキルト/スクルトを使用できる(CPU任せでもそこそこ使ってくれる)ためサブでも優秀な気がします。

というわけで……

おしまい。
エンディングテーマはこの道わが旅でしたね。
BGMには当然ながら各ナンバリングタイトルで使用されてきたすぎやまこういちさんの楽曲が使用されているため、わたしのように全ての作品をプレイしているわけではない者にも馴染みのある曲が沢山聴けて嬉しいです。

Ⅳならやっぱり「勇者の故郷」あたりがいいですよね。
さて、次回からは関連のあることをいくつかまとめて書いていこうかなと思います。

ではでは。

こちらをクリックして頂けると嬉しいです~

クリックでパワーアップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA