ゲームする:ファイナルファンタジーⅤ その3

スポンサーリンク
御城プロジェクト~CASTLEDEFENCE~

いん石パワー(byレナ)を復活させましょう。

というわけで3人旅で各地を回ってボスを撃破。
順番はどこからでもいいみたいなのでまずはキマイラブレインからにしました。
今回は手抜きプレイでデスクローからつついて終了。まともに戦うと結構強いと思いますが……

次はピュロボロス。3人ですが魔法剣士、吟遊詩人、時魔導士(アビリティに黒魔法など)辺りで。
吟遊詩人はひたすら愛の歌を歌って足止め。
魔法剣士は魔法剣サイレスで一体ずつ攻撃。時魔導士はヘイストなどの援護が終わったら黒魔法で援護。
一体ずつ確実に処理していきました。足止めは歌ではなく睡眠とかでもいいみたいですけどね。

タイタンは正面から戦うしかないので久しぶりに火力ジョブを投入。
なんというか、序盤にナイトで両手持ちを取るまでは前衛を結構使うんですけど、それ以降はあんまり前衛を使わないんですよね。忍者とかももっと使えばいいのに、と我ながら思います。

さて、いん石パワーを復活させたので第二世界へ。
ガラフとも合流して……
バル城地下で石像狩り。以前プレイしていたときは金の針による暗黒回帰しか知らなかったのですが、こいつらレベル5デスが効くんですね。エフェクトに時間がかかるみたいなことも(動画では)言われてましたがいちいち金の針を使っていたわたしからすれば快適そのもの。

とりあえず風水士を全員マスター、薬師で「のむ」まで取得。
青魔法も全員使用できるように。
今更ですが……以前はレナを白魔導士として最初に育成→終わったら吟遊詩人(アビリティに白魔法をつけると運用しやすい)という形で育成していたんですが、今回は白魔導士係をファリスに、黒魔導士係をレナにしてみてました。
なんですが吟遊詩人係をレナにしたら使いづらかった……今まで通り?ファリスを吟遊詩人係にすれば良かったなあ。
そもそも過去のプレイでは黒魔導士をあまり育てていなかったんですよね。

そしてシーフは基本的にガラフの役目。理由としてはクルルのシーフのグラフィックがあまり好みではないため(反面ガラフのシーフのグラフィックは好きなため)。石像で一気に上げると楽なんですがそれだけというのも、という感じです。恐らく過去のプレイ時よりも稼ぎはしていない気がします。

というわけでストーリーに戻りますがギルガメッシュとのバトル(ビッグブリッジ)では魔法剣サイレスで反省封じをしました。
モーグリを助けるためのバトルは以前からの定番でフェニックスの尾を使用。
次はケルブの里を通って飛竜草をとりに行きますが……ここではレクイエムを取らずに登山を開始するというガバプレイをやらかしてしまい、すげえきつかった。(教訓:町の人とは全員話しましょう)
ボス自体はきつくないんですけども……コルナゴの壺は覚えてたんですけどね。

飛竜に乗ってゼザと合流。暁の四戦士って格好いいよね。
ギルガメッシュからは源氏の小手を忘れずに回収。そしてアンテナタワーへ……
レッドドラゴン1体目はキラーボウの即死が出て楽勝。ですが2体目には不発でぶっ殺されたのでまともに戦うことに。あやつったりはしていなかったので氷属性などを突いたりタイタンなどを使ったりと正面から戦いました。

そしてアトモス。HPが多くて時間がかかるんですよね。
基本的には1人戦闘不能状態で戦闘に突入し、魔法剣スリプルで眠らせた後は魔法攻撃で戦いました。
今回は地形とか使ってたせいでめちゃくちゃ時間がかかってしまい(かまいたち以外はダメージソースにならないため)ました……次は他の攻撃でやろう。

さて、潜水艦を駆ってカトブレパスを入手し、やってきましたムーアの大森林。現在絶賛プレイ中なため今回はここまでになります。
ここのボスどうやって戦おうかなあ……ではでは。

こちらをクリックして頂けると嬉しいです~

クリックでパワーアップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA