ゲームする:ファイナルファンタジーⅤ 水のクリスタル縛り編その8

スポンサーリンク
御城プロジェクト~CASTLEDEFENCE~

それではエクスデスと相対します。

と、その前に一応カトブレパスについて。
カウンターであくまのひとみを使ってきて石にしてきます。リボンを付けてそいつをアタッカーにするとか、石にされるのは一人ずつなので金の針などでその都度回復して持久戦をすればそうそう負けないのではないのかなと思います。

というわけでエクスデス。
メモとしては……

  • たたかうで攻撃するとカウンターでディスペルを使用してくる
  • 重力100、アースシェイカーを使用してくる
  • HPが減って行動パターンが変化するとガ系魔法を撃ってくる

といった辺りが厄介。HPも多い(32768)ですし。
しかしたたかうを使用しないとなれば……弱点も聖属性だけなのでそこを突くのも難しい。
今回は召喚士×2、時魔導士×2(それぞれ召喚士のアビリティには時空、時魔導士のアビリティには召喚)で挑みました。

戦闘前にレビテトを使用しておくのを忘れずに。戦闘に突入したらまずは時魔法でヘイスガを使用。召喚士はゴーレム→カーバンクルを使用します。これで打撃と魔法攻撃をシャットアウト。
ダメージの回復は基本的にハイポーションで行います。

ゴーレムとカーバンクルを切らさないことが肝要です。打撃に弱い魔法系ジョブというのもありますし(真空波が来たら耐えられないはず)、カーバンクルの維持で魔法攻撃だけでなく重力100も防ぐことでアースシェイカーを防ぎます。

攻撃は基本的にタイタンとコメットで行います。が……この時点では金の髪飾りが一つしかないため、装備していたバっツはともかく、もう1人の召喚係だったレナはMPが枯渇してしまってやばかった。
時魔導士よりは召喚士を厚めにした方がいい(つまるところ召喚士4に時空のアビリティ1人とかで良さそう)ですね。
結構大変でしたが、バっツのMPが切れる前になんとか撃破。うーむ、なんとかなるもんだなあ。

というわけで第三世界へ。アントリオンは魔法剣士2でドレイン剣つかえば楽勝でしょ、なんて思っていましたが怪音波を連発されて一気に泥仕合に。
死なない感じですが倒すのにもめちゃくちゃ時間がかかる……なので倒せはしましたが面倒でした。

それではギードと合流してピラミッドへ行きます。今後は召喚士などが主体となっていくので金の髪飾りを忘れずに取っておきたいですね。
いつも忘れるガーゴイルですが召喚士なら楽勝。ピラミッド内部は魔法剣士2、時魔導士1で攻略。
いばらのかんむりとだいちのハンマーを手に入れたのでバっツをバーサーカーにチェンジ。いばらのかんむりを装備したバっツ(バーサーカー)は、魔力が0以下となりオーバーフロー。だいちのハンマーで確率発動するクエイクのダメージが爆上がりするため、普通にダメージ源として使っていけます。(ただしいばらのかんむりを装備すると常時スリップダメージが発生するためそこは注意)

次回はメリュジーヌ戦からスタート。飛空挺を取れればシルドラなども入手できますし戦力アップは間違いなし。
ではでは。

こちらをクリックして頂けると嬉しいです~

クリックでパワーアップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA