マンガ読む:半助喰物帖の終了によせて

スポンサーリンク
御城プロジェクト~CASTLEDEFENCE~

半助喰物帖の最終巻が10/6に発売。

少しネタバレがありますので注意をば。

初めて電子書籍で全巻を購入したマンガとなりました。
1巻から改めて読み直してもやっぱり面白いなあと。

原作者の草香先生等もシリーズ終了ということで連載時に明かすことのできなかったカラクリや話の流れなどをあかされたりもしており、そちらも要チェックです。

わたしも知りたかったので質問をしてみました。
お答えいただけたのが嬉しかったです。

最終巻の展開自体はやや性急(ユーザーとしてずっと続きを見ていたいからだろうなというのがあったろう)だったかな、とも思いますが、きちんとまとまっているのかなと思います。
誰に対しても、いつ如何なる時にもツッコミ役の繭って貴重な役回りなんだなと改めて思いました。(笑)

個人的な予想としては現代に半助さんの子孫が登場するのかなと勝手に想像していましたが、自分が思っていたのとは少し違った形だったかも。

印象に残っているコマは旧越部藩下屋敷跡地に立っている香澄の部屋から去る際に深々とお辞儀をするシーン。
終の別れになることを言い出せずに去ることになる、色々な物や人々へ向けて深々と頭を垂れる半助さんの人となりがよくわかるシーンだと思いました。

まだ色々と書き連ねたいことはあるような気もしますが。
草加去来先生(@kyorai_kusaka)、灯まりも先生(@tomorimarimo)、素晴らしい作品をありがとうございました。
七代目が突然「半助さん」って呼ばれてビックリする話が見たい(深い意味は無く)

皆様にもお勧めしたい作品となっています。それではでは。

こちらをクリックして頂けると嬉しいです~

クリックでパワーアップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA