ゴシックは魔法乙女:黄金の絆編 第五章

スポンサーリンク
御城プロジェクト~CASTLEDEFENCE~

正確には第一幕第五章、とっなっているようですが。

というわけで最後はカトレアが登場。この(登場)順番などにも意味があるのだろうとは思いますが具体的にわかるときが来るんでしょうか。あまり深読みなどはしない質なので。

アンゼリカがかっこいい。ストーリーはその辺りしか見ていないのでさっとプレイしないといけないのはわかるのですが、時間が……

さてそういえばインターフェースにも手が加えられていますよね。
一括エールが自動選択されているのは楽ですね。ポチポチするのもそれはそれでなのですが、推しフレンドがいるわけでもありませんし……
ゲーム内で知り合ったフレンドさんなどいらっしゃればその辺りも変わってくるのでしょうけど。

イベントとしては……ってあまりそんな感じではないですね。ストーリーを見つつアクティブポイントを貰う。
つまりイベントというよりはストーリーを楽しむ期間ですね。
カトレアは引かなくてもいいかなあ……って感じなのでガチャはしないです。

イベント交換で色々と貰えたのはありがたいですね。白無垢が限界突破分も含めてフルで貰えるとかなかなか凄い気もしますが。
超乙女ガチャは引ききっていなかったような……確認しておかないと。

天井は本当の意味で天井(のようなもの)になったのかな。
まあそういうのはあまり気にしない方なので、ゆるくなったのであればそれはそれで良いのかなと思います。

分身がうんたらと今回の悪役は結構嫌な奴だなと思いますが全属性に対応するにはそれしかなかったのかな、なんてメタな考えも頭をよぎる。今の所☆4しかないし……最後には☆5が登場するんでしょうがさすがに☆5全色ということは無いだろう。(個人的には他に割いて欲しい気もする)

ただ……このゲーム自体がそもそも属性ありきというゲーム性になっているためにどうだかなあ。
どことも有利は付かないけど不利も付かない無属性、みたいなのがあっても良いような気がするんですが。
まあスコアタで使える要素がなさそうだし、それだと=売れないってことだし。

イベント配布なら許される気もしますけども。ただ過去に主人公である真少年を光だかなんだかで出してしまっているので、そういうのが足を引っ張りそうな気もしますが。
まあ、この手のゲームで色々と変わるのは良くある気もするし。

コストとか全く意味の無いシステムになってしまっているし。(もう無くてもいいのではと)
どうなっていくのか気になりますが、無課金勢並にぼちぼと見守っていきましょう。

ではでは。

こちらをクリックして頂けると嬉しいです~

クリックでパワーアップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA