ゲームする:溶鉄のマルフーシャ その1

スポンサーリンク
御城プロジェクト~CASTLEDEFENCE~

溶鉄のマルフーシャ。

steamで購入しました。きっかけは見た感じがなんとなく面白そうだったので。
大きくストーリーモードとサバイバルモードに分かれており、ストーリーモードはマルチエンディングのようです。

ゲームとしてはラインディフェスのシューティングゲームで、手にした火器やサポートアイテム、仲間の援護射撃などを駆使して背後にある門を守り抜くゲーム。

こんな感じ。自機は左右(AキーとSキー)に移動できます。エイムと射撃はマウスで行います。
Rボタンでリロード、サブウェポンなどの仕様はスペースキーです。

1日が1waveとなっており、ストーリーモードはそれが100日続きます。サバイバルモードでは基本的にどこまで生き残ることができるかに焦点を当てられたゲームのようです。

まだプレイ時間が取れておらず、ストーリーモードを1度クリアして、サバイバルモードを1度お試ししただけ。
ストーリーモードは1日をこなす毎に給料が入ります。(税金でピンハネされる部分も多い)
一日のクリア後には能力値アップ、仲間、サポートアイテムなどを手に入れることができる支援タイムとなりますが予算の範囲内でしか購入はできず、表示される支援物資は3つしかないため取捨選択が必要であったり後は運が絡むと思います。

サバイバルモードでは天引きはされないものの1日の報酬は5円と決まっていて資金繰りにはよりいっそう気を使う感じです。

武器には軽機関銃、サブマシンガン、アサルトライフル、スナイパーライフル、ショットガン、グレネードランチャーなどがあり、後半になると上級として威力の高いものも登場します(グレネードはアンロック自体が後半なので無いのかな)。

仲間ですが同じ仲間を手に入れて重ねていくとレベルアップします。(3レベルまでと上限あり)
ただしこの仲間の登場も運であり誰で行くのかなども戦略の一つになりそうです。
わたしは初めての時に軽機関銃兵の子にしましたが最後まで役立ってくれました。
当然仲間の子達も武器毎の特色があるため、広域支援をして欲しいのか、高威力の攻撃をして貰いたいのか、その辺りでも誰にするのかは悩むところなのかもしれません。

サバイバルモードではアサルトライフル?の子だった気がしましたがちょっと辛かった気もした。

5日ごとだったかに入る自室(宿舎)モード。何かを食べるか、シャワーを浴びるかなど、一つだけ行動ができます。
何かを食べると能力がランダムで上がるようなのですが、上がらなかったことがある(能力上限になっていただけかもしれませんが)ので基本的にはシャワーを浴びた方がいい気もします。
サバイバルモードではアンロックするとマルフーシャ以外でもプレイできるようになるみたいですが、全キャラ分のシャワー差分があるらしい。

平日は忙しすぎて触れず、休日はFFもプレイしたいので時間がない……だけどなかなか面白いのでプレイしていきたいです。

一口メモとしては

  • 門の耐久を挙げたり事前に回復アイテムを準備しておくなどしたい
  • 仲間を雇うにも結構予算がかかるので基本的には誰か一人で行きたい?(そもそもまったく仲間が登場しないことも)
  • 上記の通り支援物資カードの登場がランダムなのか「欲しいときにものが来てくれない」になりがち
  • バリケードなどはなかなか有効、waveを跨いでも消えない
  • 基本的にはwaveで登場する敵を覚えた方が良い(わたしは多分無理)

といった感じなのかなと。
仲間は上級武器を持った仲間も登場するので乗り換えもあると思います。

中盤以降で手に入る上級武器は頼れる火力だと感じましたがこのゲーム、そもそも使用回数(使用できるwave数)に制限があります。
武器が壊れてしまうとハンドガンしか使用できないらしく、使わずに済むようにしたいのですが、支援物資に武器が登場するかも運。登場してもお金がなかったりすると当然購入できませんし。
よくできてるなあと。

どこかで時間を作って少しずつやっていきたい。とりあえず一度もリトライすることなくストーリーをクリアしたいかなと。

一応その1としていますがその2があるかは不明です。
ではでは。

こちらをクリックして頂けると嬉しいです~

クリックでパワーアップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA