過去に読んだ:ジョジョの奇妙な冒険(第六部まで)

スポンサーリンク
御城プロジェクト~CASTLEDEFENCE~

というわけで今回は第四部から第六部までのお話を。

ちなみに第七部以降は読んでいません。
それでは第四部から。
なんですが、どうも第四部は中盤以降からの記憶がない。どうやらこの頃、わたしは文庫版を購入して追いかけていたようなのですが、その後間もなく引っ越し(帰郷)する事が決まり、買わなくなってしまったよう。
ですので具体的には岸部露伴に会いに行った辺りからの記憶が曖昧です。

折角なのでまた追いかけたいですね。
好きなキャラというと……やっぱり康一君でしょうか。(勿論上記の通り途中までの感想で)

そして第五部と第六部ですが、こちらは全て読みました。
どういう経緯かというと当時の仕事場(第四部を追いかけていた頃)にジョジョファンがおり、当時のおぼろげな記憶を語ったところ「貸すから全部読(んで叩き込)みなさい」と言われて全部読みました。
わたしと同い年で誕生日も同じだった彼。元気にしているかなあ。

わたしにはジョルノ・ジョバアーナのように夢はありませんが、小さな頃にポジティブになれるような出来事と出会えたら、それは人にとって幸せなことなんじゃないかなあと思います。
最近知ったんですがあれ(第五部の内容)って10日足らずの出来事なんですね……その手の解説動画を見てびっくりしてしまった。

スタンドというものがどんどん多様性を持ってどんどよ強くなっていく。
そんな中でポルナレフが登場するというのはやはり嬉しかったですし、かといって過去キャラがどんどん登場して過度にクロスオーバーしていくこともないというスタンスがいいなあと思います。

どうすれば勝てるの?というボスに対してそれ以上の能力で勝って行っちゃうジョルノが好きです。
好きなキャラはやはりジョルノかなあ。ブチャラティも好きですけどね。
あと最初はめちゃ無口なのに突然饒舌になるトリッシュとか。

そして第六部。
調べてはいませんが賛否両論なのではないかと思うのですが、どうなんでしょうね。
個人的にはFF(フー・ファイターズ)が消滅してしまうシーンが悲しかったなあ。
わざわざFF絶対殺す能力みたいなのを投入されて始末されてしまうということは、プッチ神父にかなり危険視されていたのかもしれませんけども……

徐倫も好きですし(何気に唯一の女主人公なのか)、エルメェスも好きですね。アナスイは女性のままだった方が、終盤で承太郎に「お嬢さんとの結婚を認めてください」という場面がより際だった気がするなあと。

徐倫って、覚えてる限りで全員を(特に仲間)呼び捨てにしてた気がしますけど、そういうのなんかいいですよね。
ジョルノが仲間を呼び捨てにするけど口調が丁寧っていうのと同じような感じで。わかりにくいですけど。

脱獄した後の展開は結構カオスな部分(個人的にはそう感じた)もあってわかりにくいなと思いますけども、最終的には皆さんが知るとおり。
ただ、エンポリオがプッチ神父を倒す、という展開は個人的スカッとしました。

そしてラストでアイリン達に向かって『僕の名前は』エンポリオです』って答える(エンポリオだけは似ている誰かではない、本人)エンドは、わたしは好きですね。

うーん。第七部以降も読まないな。というか第四部を補完しないといけませんね。ではでは。

こちらをクリックして頂けると嬉しいです~

クリックでパワーアップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA